大阪国際空港の薬剤師求人

空港薬剤師求人TOP >> 空港別求人情報一覧 >> 大阪国際空港の薬剤師求人

大阪国際空港の薬剤師求人

大阪国際空港は、大阪にあるいわゆる伊丹空港や大阪空港と呼ばれる空港で、国際空港という名がついていますが現在は国内線のみに使われている空港です。関西国際空港ができるまでは、国際空港として大阪の玄関口を担っていましたが、現在は国際空港としての機能は関西国際空港にゆずっています。国内線のみとはいえ、発着数はかなり多く、関西国際空港でも国内線はあるにもかかわらず、国内線においてはそれ以上の人気を誇ります。その理由は、やはり交通の便の良さでしょう。大阪の中心地である梅田から30分という立地は国内線を利用する人にとっては効率性抜群です。現在は関西国際空港と経営統合が行われ、さらにそれぞれの特徴を生かした運用が行われています。

空港内には医務室がひとつと、ドラッグストアが2つあり、ドラッグストアには薬剤師も常駐しています。ドラッグストアの数が少なく、通勤の便が良いということを考えると、意外とこちらの空港のほうが薬剤師の求人における競争率は高いかもしれません。そもそも、ドラッグストアの数が少ないと薬剤師の欠員が出ることも少なく、求人が行われることも稀です。

しかもこうした求人がどこで行われるかはそのときによって違います。一般の転職サイトに掲載されることもあれば、薬剤師専門の転職エージェントによって紹介されることもありますが、エージェントはとにかく転職に関しての情報は詳しいので、とりあえず登録しておくことは大切です。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師、エムスリーキャリアなどのメジャーな転職エージェントに登録して空港で働きたいという希望を伝えておきましょう。専任のアドバイザーが転職についてのアドバイスもしてくれるので安心して転職に臨むことができます。大阪国際空港は、通勤にも便利な場所であるため薬剤師にとっても人気の勤務先であるということは確かですし、薬剤師の求人は少ないのですぐには決まらないかもしれませんが、チャンスがないわけではありません。

大阪国際空港の薬剤師の場合は、国内便のみが運航するため、英語を使う機会はほとんどありませんから、語学に自信がない人で大丈夫。ただし、やはり外国人が行き交うグローバルな雰囲気はありませんから、空港で働く醍醐味は人によっては半減するかもしれません。しかし、お客様の旅が病気で台無しにならないためにも、病状を聞いて薬を判断する薬剤師の役割は重要。責任を持って一人一人に対応することが求められますし、大変なことも多い職場ですが、やりがいがあるのも確かでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 空港の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.