羽田空港の薬剤師求人

空港薬剤師求人TOP >> 空港別求人情報一覧 >> 羽田空港の薬剤師求人

羽田空港の薬剤師求人

羽田空港の正式名称は東京国際空港ですが、やはり羽田空港という呼び方のほうが定着しているといえるでしょう。日本最大の空港であり、その利用人数は世界でも有数の多さです。国内線、国際線ともに多くの飛行機が発着しており、国内線のターミナル2棟の他に、国際線ターミナルを抱える大規模空港になります。

羽田空港では、国内線第1ターミナルと第2ターミナル、さらに国際線ターミナルのそれぞれに診療所、ドラッグストアがあり、薬剤師も勤務しているため欠員などがあると求人が行われる可能性があります。いずれも空港内の施設なので、それほど大きなクリニックではありませんが、空港内にクリニックが3つというのはさすが羽田というべきでしょう。

国内線のクリニックは診察時間も夕方までで国内の普通の病院と基本的には同じような時間帯になりますが、国際線ターミナルのクリニックは9:00〜23:00と、通常よりも遅くまで診察を行っています。また、国際線3階に薬局があるほかに、出国後エリアにも医薬品を扱う店があるので、そこで薬剤師が必要とされる場合もあります。

空港内にこれだけの診療所や薬局があるというのはやはり都心ならではですし、求人の数は他の地域の空港に比べるとかなり豊富になります。とはいえ、都心では薬剤師の数も多いので、競争率という点では大きな違いはないかもしれません。また、羽田空港は他の国際空港に比べても、外国人の利用がかなり多いため、英語力の必要性は高くなります。特に、国際線ターミナルに勤務するとなると、英語力は必須ですし、ある程度英語で病状なども話せることが求められます。英語が得意で、語学力が活かせる仕事がしたいという薬剤師にもおすすめです。

また、国際線が多く外国人の出入りが激しい羽田空港は、検疫所の規模も日本トップクラスです。検疫官の数も多いため、検疫所で働く薬剤師としても、比較的採用数は多くなります。とはいえ検疫官は国家公務員ですから、検疫官になること自体が大変ですし、定期募集がおこなわれているわけでもありません。簡単になれる仕事ではないので、希望する場合は何度かチャレンジが必要かもしれません。いずれにしても、検疫官であっても薬局の薬剤師であっても、日本最大の空港で働くということは、非常にやりがいのある仕事です。すぐには求人が見つからないかもしれませんが、転職エージェントに登録するなどしてチャンスがあれば応募してみてはいかがでしょうか。


Copyright (C) 2014-2017 空港の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.